自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症4つのタイプ » 抑うつ型自律神経失調症

抑うつ型自律神経失調症

身体症状だけでなく抑うつ症状がある方は抑うつ型自律神経失調症の可能性があります。

身体への症状が顕著にあらわれるため、抑うつ感に気付かない人も少なくないようですが、無気力や意欲の低下、不安などを感じる方は要注意です。

身体症状だけでなく抑うつ感のある自律神経生涯

  • 要因
    ストレスの慢性的な蓄積によって自律神経のバランスが崩れる

原因は、仕事や人間関係など様々なストレスの蓄積です。

神経症型や心身症型と同様に、責任感が強く完璧主義の人、いわゆる頑張り過ぎてしまう人に多くみられます。そのようなタイプの人は自分の感情を表に出すことが少なく、ストレスを溜めこんでしまうため自律神経のバランスを崩しやすいのです。

抑うつ型は退職や住まいの購入、引っ越し、子どもの自立、離婚などの人生の節目に発症しやすいそうです。一見晴れやかな出来事も、環境が大きく変わるため見えないストレスを抱え込みやすいのです。

この抑うつ型自律神経失調症は悪化すると本格的なうつ病に繋がることがあるため、症状の変化に注意が必要です。

どんな人がなりやすいのか

  • 真面目な人
  • 几帳面な人
  • こだわりが強い人
  • 責任感が強い人
  • 完璧主義の人

主な症状

  • 抑うつ感
  • 無気力
  • 不眠
  • 頭痛
  • 意欲の低下
  • 食欲不振
  • 不安感

抑うつ型とうつ病の違いとは?

抑うつ型自律神経失調症とうつ病の境界線はあいまいですが、セロトニンという脳内物質の働きが原因か否かで分類されます。

うつ病は、過度のストレスにさらされることで、脳内のセロトニンの機能が低下することで発症する「精神疾患」です。
これに対して、抑うつ型自律神経失調症で見られる“抑うつ感”は、セロトニンとは関係ない「神経症状」の一つであり、ノイローゼの一種ともいえます。

しかし抑うつ感が数週間から数か月の長期にわたる場合、うつ病の疑いが出てきます。不眠症が治らない、不安感が強いといいう症状が長く続く人は、うつ病の可能性も含めて医師に相談しましょう。

コンテンツ一覧