自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症4つのタイプ

自律神経失調症4つのタイプ

自律神経失調症には、その原因や症状によって4つのタイプに分けられます。

性格や体質などによって自律神経失調症を4分類

本態性型自律神経失調症は、生まれつき自律神経が乱れやすい人に多く発症します。
子どもの頃から虚弱体質だった人は、実はこのタイプだったということもあるようです。

神経症型自律神経失調症は、自分の体調を気にしすぎる人など、やや神経質な人に多くみられます。神経症との違いは、身体的な症状があることです。

自律神経失調症患者の半数近く心身症型自律神経失調症だといわれています。

真面目で完璧主義の人が多く、ストレスを内にためやすいため自律神経のバランスが乱れやすくなるためです。治療には薬だけでなくストレスマネジメントなどのケアも必要になります。

抑うつ型自律神経失調症は、同じように真面目で頑張り屋の人に多くみられます。

身体症状だけでなく抑うつ感もあるのが特徴で、何をやっても気分が乗らない、いつも不安感があるといった精神症状がある方は抑うつ型の可能性があります。

=====

それぞれのタイプで症状が重なる部分もあり、またうつ病や神経症と似ている症状もあります。
自分で自律神経障害と決めつけず、病院で症状や発症の時期など細かく伝えて、的確なケアを受けましょう。

コンテンツ一覧