自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

心身症

心身症はストレスが原因で引き起こされる身体のあらゆる症状の総称です。

そのため、広義では“自律神経失調症も心身症の一症状”ということになります。ここでは混乱を避けるために、一般的に心身症といわれる症状と自律神経障害に特徴的な症状の出方について解説します。

胃潰瘍、偏頭痛などのストレスで心身症が発症

自律神経失調症の原因の一つに心の問題があるといわれていますが、これによって胃潰瘍や偏頭痛などの病気として症状が現れると心身症と診断されます。

心身症は臓器などの器官の一部に強く症状が出るのに対して、自律神経障害の場合は全身に色々な症状が出たり消えたりを繰り返すといった特徴があります。

自律神経失調症と心身症の違い

  • 心身症
    ストレスにより、身体の一部が病気となる。
  • 自律神経失調症
    ストレスによって、全身に様々な症状があらわれ、出たり消えたりを繰り返す。

2つとも精神的な問題が関わっているため分かりづらいのですが、身体にストレスによって引き起こされた「病気」と呼べる症状がない場合は、自律神経障害だと考えられます。

心身症の病気の具体例

自分が心身症か自立神経失調症か分からないという人は、以下の心身症の症状に該当するものがないかチェックしてみてください。心当たりのある症状がある場合は、専門医で検査をして原因がストレスかどうかを確認しましょう。

心身症であっても自律神経の障害であっても、原因となるストレスを取り除くことが改善への一歩。治療には、まずストレスが少ない環境をつくることが大事です。

  • 頭の病気
    緊張性頭痛、偏頭痛
  • 胃腸の病気
    胃潰瘍、過敏性腸症候群、神経性胃炎、神経性嘔吐症
  • 心臓、循環器の病気
    高血圧、不整脈、狭心症
  • 皮膚の病気
    アトピー性皮膚炎、じんましん、円形脱毛症
  • その他の病気
    月経不順、気管支ぜんそく、間接リウマチ

※このほかにも心身症には様々な症状があります。気になる方はまずは病院へ行って医師の診察を受けましょう。