自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

更年期障害

ホルモン分泌の急な衰えによって発症する更年期障害は、自律神経失調症の症状の一つです。
自律神経はホルモン分泌と深く関係し、ホルモンの乱れは自律神経の乱れにつながります。

更年期障害は自律神経失調症の症状のひとつ

一生の間に妊娠、出産、更年期などホルモンの変動が多く起こる女性は、男性以上にホルモンバランスを崩す確率が高いといえます。

特に、閉経という大きなホルモンの変動を迎える時期にその傾向は顕著になります。個人差がありますが、閉経の10年前くらいから女性ホルモンの分泌は急速に衰えていくといわれています。年齢でいうと40代後半から50代前半です。

このホルモンの変化によって自律神経のバランスが崩れ、様々な症状を引き起こしている状態を更年期障害と呼びます。

更年期障害は男性の倍以上の確率で女性に多く発症します。ホルモンに支配されている女性の身体ならではの症状だといえます。

更年期障害とは

  • 原因
    ホルモンの急激な衰え
  • 多い年代
    40代後半~50代前半
  • 主な症状
    動悸、発汗、不眠、冷え、情緒不安定、皮膚の乾燥、めまい、頭痛、肩こり、疲労感など

無理なダイエットも更年期障害の原因に

更年期障害は20代でも発症することがあります。大きなストレスや激しいダイエット、不規則な生活などでホルモンのバランスが崩れてしまうのです。若年性更年期障害は、放置しておくと早期閉経につながる可能性もあるため、早めの対処が必要です。

年齢に関わらず、更年期障害の治療は婦人科をおすすめします。また、漢方薬でホルモンのバランスを整える治療も効果的です。