自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症と密接な関係のある病気の紹介 » 顎関節症が招く病気それは「自律神経失調症」

顎関節症が招く病気それは「自律神経失調症」

カクカク鳴る顎関節症は自律神経失調症とも関わっている!

顎関節症がどのような病気なのか、自律神経失調症以外にどのようなことが関係しているのかなど、基本的なことを説明していきます。

自律神経失調症と顎関節症の繋がりや原因について知ろう

顎関節症は一体どのような病気なのでしょうか。

  1. ①顎関節症ってどんな病気?

    実は顎関節症を経験する人は多く、日本人だと2人に1人は経験するとされています。今まで経験なかったという方は、ただ気づかなかっただけかもしれません。食事をしているとき、会話をしているときなど不意に起こることが多く、顎の動きがぎこちなくなります。

  2. ②顎関節症になるとどんな変化が起きる?

    顎関節症になると、

    • 口を大きく開けられない
    • 口を開けるときに顎の関節、筋肉に痛みを感じる
    • 口を開けるときに「カクンカクン」「ザラザラ」といったような音がする

    といった症状が現れます。 顎関節症の方は一度はこの経験をしたことがあるはずです。

  3. ③顎関節症の原因

    原因は様々あり、主に4つ挙げられます。

    • 筋肉バランスが悪い

      咀嚼筋、関節包、靭帯などの筋肉バランスが悪くなると顎関節に歪んだ力が掛かります。また、噛み合わせの悪さも影響します。

    • 筋肉の緊張

      顎の筋肉は肩や首と繋がっているため、肩や首が緊張すると影響を受けやすく顎関節症になりやすいです。姿勢が悪い方や、肩に力が入っている肩は筋肉が凝りやすいです。

    • ストレス

      精神的なストレスを抱えているとストレスを発散させるため無意識に、食いしばりや歯ぎしりをしていることが多いです。そのため筋肉が緊張したり、疲れが溜まったりして顎関節症を招いてしまうのです。

    • 骨のずれ

      下顎骨、関節円板がずれたり、骨盤、背骨が歪んだり、関節が変形したりするのも顎関節症と深く関係しています。

顎関節症と自律神経失調症の関係とは?

顎関節が歪むと頭蓋骨が歪み、反対に頭蓋骨が歪むと顎関節が歪みます。また、歯の接触時間が長いと筋肉が緊張し疲労を感じ、血液が滞り顎関節症になります。これらは顎関節症だけでなく、自律神経にも影響し、自律神経失調症になるリスクが高いです。

自律神経失調症予防のために顎関節症を治療しよう!

自律神経失調症にならないためには、顎関節症を治療することが重要です。いくつかの治療方法を紹介します。

  1. ①歯の治療

    虫歯で物を噛めないと、本来噛む場所とは違う場所で噛んでいるため先に虫歯の治療をします。また、噛み合わせをあわせるために歯を削ったり、歯を高くしたりとした治療も行ないます。

  2. ②顎の治療

    マウスピースを装着して歯ぎしりや食いしばりをなくしたり、顎の関節のずれを治したり、咀嚼(そしゃく)筋の動きを調整したりなど顎の治療の種類は色々あります。ホットパック、関節腔洗浄療法、関節鏡手術なども顎の治療の仲間です。

  3. ③顎以外の治療

    一時的に痛みを抑えるために痛み止め、筋弛緩剤などを処方してもらう場合もあります。また、首や背骨の歪みを治すこともあります。

コンテンツ一覧