自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

高麗人参

高麗人参は、韓国などで2000年以上も前から栽培・活用されてきたウコギ科の植物のことです。
日本にも、1000年以上前に伝わったとされ、古くから健康促進に有効な万能薬として親しまれています。

豊富なサポニンでストレスに対する対抗力アップ!高麗人参

高級な漢方薬のようなイメージで、なかなか手を出しにくいというイメージの高麗人参でしたが、含まれている成分の素晴らしさから、最近では健康・美容の促進に有効な食品として注目されています。

特に注目なのが、含有成分のサポニン。サポニンは、大脳皮質という部分を刺激し、ホルモンの分泌を促します。
自律神経失調症などの精神疾患は、ストレスや生活習慣などが原因でホルモンバランスが乱れて起こる場合があります。そのため、サポニンの働きでホルモンバランスが整うことで、ストレスや病気に対する免疫力が向上し、自律神経失調症などの改善に繋がると言われています。

高麗人参に含まれているのは、ジンセノサイドというサポニンの1種。ジンセノサイドは、疲労回復作用や精神安定作用、血行促進作用やガン細胞の増殖抑制作用があるのだとか。
そのため、心筋梗塞や血栓症の予防にも効果的だと言われています。

韓国産のものは、ジンセノサイドを含むサポニンが特に豊富に含まれているそうです。
高麗人参は、土壌の栄養を豊富に吸い上げて育つため、栽培の際は栄養豊富で質が良い土壌づくりが大切。さらに栽培後15年間は、その土地を休ませて別な土地で栽培をしなければならないのだそう。
韓国の気候や風土、土壌は、もっとも栽培に適しているのです。

また、高麗人参は多年草のため、栽培年数でランクが分かれており、6年間栽培をした「6年根」と呼ばれるランクが最高品質だとされています。
6年根の高麗人参は、サポニンなどの栄養素を特に豊富に含んでいるため、健康食品などから高麗人参を摂取する場合は、使われている高麗人参のランクにも注意して選びましょう。

高麗人参の働き

  • 疲労回復
  • ホルモンバランスの調整
  • 骨粗しょう症予防
  • ガン細胞増殖抑制作用
  • 免疫力の向上
  • 血行促進作用
  • 冷え性の改善

高麗人参を含んでいるおすすめ健康食品

高麗人参が配合されている健康食品は、日本だけでなく韓国や中国でも流行しているようです。
国外にもさまざまな製品があるため、どの商品が良いのか選ぶのが難しいところですが、良質な高麗人参を使っている安全性が高い健康食品を紹介します。

高麗紅蔘ソフトカプセル

高麗紅蔘ソフトカプセル【容量/価格】

180粒(1日6粒)/10,260円(税込)

【特徴】

  • 人参の成分がぎっしり含まれている紅蔘を使用
    高麗人参には、生人参、生干人参、白蔘、紅蔘の4種類の加工方法があります。
    生人参は掘り出した高麗人参を水洗いしたもの、生干人参は水洗いをしてから乾燥させたもの、白蔘は水洗いして皮を剥いた上で乾燥させたもの、紅蔘は水洗いをして蒸してから乾燥させたもののことです。
    このうち、紅蔘は、高麗人参に含まれている栄養素がギュッと凝縮されているのだとか。
  • 水でじっくり抽出した栄養素が豊富な紅蔘エキスをカプセルに配合
    高麗紅蔘ソフトカプセルに配合されている紅蔘エキスは、水で抽出されたもの。通常はアルコールで抽出しており、その方が時間がかからず効率的なのだそう。
    しかし、水で抽出したエキスの方がミネラルやアミソ酸などが豊富に含まれているそうです。
    高麗紅蔘ソフトカプセルは、水で抽出した紅蔘エキスをソフトカプセルに配合しているので、栄養素が豊富で濃厚ですが、高麗人参の独特な味やニオイはカットされています。
  • 韓国政府が品質を保証!正官圧ブランド
    高麗紅蔘エキスの原料に使われている高麗人参は、韓国政府が品質を保証している「正官圧」というブランドのもののみ。
    正官圧に認定されている高麗人参は、栽培の段階から徹底した品質管理のもとで育てられており、科学肥料なども不使用。
    さらに、手間隙かけて栽培した6年根だけがブランド品として認められるので、安全性・栄養価、ともに高い高麗人参のみが使用されていることになります。

この健康食品自体は、自律神経失調症の改善を目的にしたものではありませんが、高麗人参の豊富な栄養で体の各機能の調子を整えることで、自律神経の改善に繋がる可能性はありそうです。