自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経を整える食事と栄養素

自律神経を整える食事と栄養素

自律神経失調症を発症する原因は人によってさまざまですが、生活習慣などの日常生活が原因になる場合も少なくありません。
特に、食生活。仕事や家事で多忙だと、時間が不規則になったり、外食やコンビニ弁当が多くなり、栄養が偏ったり不足したりします。

自律神経のバランスは、栄養バランスにも密接しているので、偏った食生活を見直し、不足している栄養素や成分を補うことが大切。
そこで、自律神経失調症の改善に役立つ成分を紹介していきます。

体のバランスを整える成分

栄養が偏ったり不足していると、体の各器官が不調を起こし、免疫機能などが低下します。体のバランスが乱れると、自律神経の働きを低下させる原因になるので、体内環境を総合的に整える成分で改善していきましょう。

自律神経のバランス改善や免疫力向上に良いと言われている成分は、酵素・ローヤルゼリー・プラセンタ・高麗人参・フコイダンなど。

ホルモン分泌を促進するものや、体内のバランスを全体的に整えるものなど、効果はさまざまなので、自律神経失調症の症状や原因を考えて、自分に合ったものを摂るようにしましょう。

正しい食生活+健康食品で効率よく摂取がおすすめ

健康的な食事と自律神経失調症の関係性とは自律神経失調症の改善に有効な成分を日常的に取り入れるには、まず食事の見直しが大切です。

現代食は、揚げ物や麺類、肉類をつい多く摂り過ぎてしまいがち。同時に、野菜や魚などは不足しがちですね。

たとえば、生野菜やフルーツには、体内バランスを整えてくれる酵素が豊富です。
また、わかめやもずくなどの海藻には、フコイダンが含まれています。なるべく、野菜や海藻類を食事に取り入れて、不足しがちな酵素やフコイダンを摂取するようにしましょう。

しかし、ローヤルゼリーや高麗人参、プラセンタは、日常生活で現物を入手するのは難しいもの。
また、酵素は熱に弱いため、生のまま野菜を食べなければ補えません。毎日生野菜ばかりをたくさん食べるのは、難しいですよね。

そこでおすすめなのが、健康食品。これらを上手く活用すれば、現物の入手が難しい高麗人参やプラセンタ、継続的に食べ続けるには手間隙がかかる酵素なども、効率的に摂取できます。

ただし、これらは普段の食生活にプラスして活用することで効果を発揮するもの。
必要な栄養は普段の食生活で摂取して、どうしても足りないものを健康食品で補うようにしましょう。