自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症の薬物療法 » 抗不安薬・精神安定剤

抗不安薬・精神安定剤

抗不安薬(精神安定剤)は自律神経障害の治療薬として最も使われる薬です。

不安・イライラのストレスを解消する抗不安薬

脳の視床下部に作用して、不安やイライラなどストレスから引き起こされる症状を軽減します。気持ちをリラックスさせてくれるので、不眠にも効果があります。

抗不安薬には効き目が弱いものから強いものまで何種類もありますが、自律神経失調症の治療にはまず弱いタイプを使います。副作用があまりなく、依存性も低いので安心して服用できます。

しかし、副作用や依存性には個人差があります。また、妊娠中の女性や肝臓が弱い人などは注意が必要なので、医師と相談しながら慎重に使用してください。

こんな症状の方に

□ 慢性的な不安状態
□ イライラして怒りっぽい
□ 気持ちが不安定で、泣いたり怒ったりする

考えられる副作用

□ 眠気
□ ふらつき
□ 倦怠感
□ 目のかすみ
□ 下痢
□ 吐き気
□ 頭痛
□ 耳鳴り

代表的な抗不安薬

  • 作用(弱)
    セレナール(一般名 オキサゾラム)
    ハイロング(一般名 オキサゼパム)
    リーゼ(一般名 クロチアゼパム)
  • 作用(中)
    セダプラン(一般名 プラゼパム)
    コンスタン、ソラナックス(一般名 アルプラゾラム)
    メイラックス(一般名 ロフラゼプ酸エチル)
    コレミナール(一般名 フルタゾラム)
    メレックス(一般名 メキサゾラム)
    セルシン、ホリゾン(一般名 ジアゼパム)
  • 作用(強)
    ワイパックス(一般名 ロラゼパム)
    レキソタン、セラ二ン(一般名 ブロマゼパム)
    セパゾン、エナデール(一般名 クロキサゾラム)
    レスタス(一般名 フルトプラゼパム)
    デパス(一般名 工チゾラム)