自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

漢方薬

色々な薬を服用しても自律神経失調症の症状が改善しない場合、漢方薬を試してみるのもよいでしょう。西洋医学は症状の原因となる臓器等への治療を中心に考えますが、東洋医学では身体全身のバランスを整える根本的な治療を目的としています。

自律神経障害の根本治療を目指す漢方薬

東洋医学では自律神経失調症についてどう考えられているのでしょう。自律神経の乱れは、体の中に流れる血・気・水のバランスが崩れて起こると考えられています。

中でも全身の気が減少している「気虚」といった状態、全身の血液が足りていない「血虚」といった状態によって引き起こされていると考えられています。治療では、一人ひとりの症状や体質に合わせて、全身のバランスを整えるための漢方薬が用いられます。

治療は長期にわたりますが、西洋医学の薬より副作用はマイルドなので継続しやすいといったメリットがあります。しかし、体質によって胃が重いなどの副作用が出ることもあるので、不調を感じたら医師にすぐ相談しましょう。

漢方薬は保険が適用される病院で処方してもらうと、費用を抑えられるのでおすすめです。

こんな症状の方に

□ 動悸
□ 情緒不安定
□ 手足のしびれ
□ 頭痛
□ めまい
□ 発汗
など自律神経失調症全般の症状

考えられる副作用

□ 胃のむかつき
□ 下痢

代表的な漢方薬

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
    倦怠感、不安感、動悸、情緒不安定、不眠など
    虚弱体質で神経質なタイプの方に処方されることがあります。
  • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
    のどの異物感、めまい、動悸、抑うつ感、吐き気、頭痛など
  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン)
    頭痛、冷え症、不安感、不眠、めまい、耳鳴り、のぼせ、肩こり、月経異常など
    月経異常や更年期障害など、ホルモンの働きを整える場合にもよく処方される漢方薬です。
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
    冷え性、貧血など
    色白でほっそりした体格の方、体力がない方によく処方されます。
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)
    疲れやすい、動悸、イライラなど
    虚弱体質で疲れやすい方、興奮しやすいなど神経症状が強い方に処方されます。