自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

抗うつ薬

抗うつ薬はもともとうつ病の薬ですが、抗不安薬(精神安定剤)では抑うつ感の改善がみられないひどい症状の場合に処方されることがあります。

抗不安薬(精神安定剤)で改善しない場合に

抗うつ薬は、シナプスという脳神経細胞をつなぐ物質に作用し、アドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質の濃度を安定させます。これによってうつ状態や不安感をやわらげ、心にゆとりが生まれます。抑うつ状態だけでなく、頭痛やしびれ、不眠などの症状にも効果があります。

効果があらわれるまで時間がかかるため、長期的な服用が必要です。抗うつ薬は自己判断で量を増やしたり、急に辞めると症状が悪化することがあります。必ず医師の指導に沿って使用してください。

こんな症状の方に

□ 不安
□ 抑うつ感
□ 情緒不安
□ 頭痛
□ 手足のしびれ
□ 不眠
□ 抗不安薬で精神症状の改善が見られない方

考えられる副作用

□ 眠気
□ ふらつき
□ 月経不順
□ 便秘
□ 口の乾き
□ かすみ目
□ 手の震え
□ 頻脈

代表的な抗うつ薬

抗うつ薬は化学構造の違いによりいくつかの種類に分けられます。症状や副作用の出方に応じて使い分けられます。

  • 三環系抗うつ薬
    トフラニール(一般名 イミプラミン)
    アモキサン(一般名 アモキサピン)
    トリプタノール(一般名 アミトリプチリン)
    アナフラニール(一般名 クロミプラミン)など
    代表的な抗うつ薬ですが、効果が現れる前に口の渇きや立ちくらみなどの副作用が現れます。副作用が出たら自己判断でやめずに、医師に相談しましょう。
  • 四環系抗うつ薬
    テシプール(一般名 セチプチリン)
    ルジオミール(一般名 マプロチリン)
    テトラミド(一般名 ミアンセリン)など
    軽度の抑うつ感に効果的です。即効性があり、副作用も少なめです。
  • その他の抗うつ薬
    パキシル(一般名 パロキセチン)
    レスリン(一般名 トラゾドン)
    デプロメール(一般名 フルボキサミン)など

また、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)系は、副作用が少ないため近年注目されています。

そのほかにも様々な種類の抗うつ薬があります。薬が合わない場合は遠慮せずに医師に積極的に相談しましょう。