自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 症状別:自律神経失調症の対策 » めまい・耳鳴り

めまい・耳鳴り

自律神経失調症の人にみられるめまいや耳鳴りは、主に耳の三半規管の働きが悪くなることが原因です。

耳の内耳にある三半規管は身体の平衡感覚をつかさどる働きをします。管の中はリンパ液で満たされており、液は頭の傾きに応じて動いて脳にサインが送られます。

そのため、自律神経の乱れがリンパの流れを阻害すると、平行感覚がおかしくなり、これがめまいの原因となります。また、三半規管から脳への血流の乱れ、前提小脳と呼ばれる部分の異常によっても、同様にめまいやふらつきなどがあらわれます。

三半規管のリンパが原因の症状(めまい・耳鳴り・立ちくらみ)

平衡感覚が狂うとめまい以外に、耳鳴りや吐き気などの症状があらわれることもあります。

めまいには、身体がふわふわと浮いているような非回転性めまいとぐるぐると回っている感じがする回転性めまいの2種類がありますが、自律神経によるめまいは前者の非回転性めまいです。

また、めまいと似た症状に立ちくらみがあります。
立ちくらみは自律神経だけでなく貧血の可能性もあります。
めまいや耳鳴りは脳の病気の可能性もあるので早めに医師に相談してみましょう。

  • 自律神経失調症のめまいや耳鳴りの原因
    ストレスによる三半規管のリンパの流れの乱れ
    自律神経の乱れによる三半規管から脳への血流阻害
  • 症状
    ・ふわふわとした浮遊感
    ・耳鳴り

疲労回復、姿勢の改善で治ることも

自律神経失調症によるめまい、耳鳴りの原因は大半がストレスです。

そのため、ストレスの原因をなるべく取り除き、心身をゆっくり休ませることが大事。特に、睡眠不足の人に多い症状なので、規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかりとりましょう。

また、自律神経障害がある人には首や肩コリに悩む人が多く、コリによって脳への血液の流れが悪くなることで発症することもあります。めまい、耳鳴りと同時にコリにも悩んでいる人は、こちらの原因も疑ってみましょう。前のめりの姿勢でデスクワークをしていないか、長時間パソコンを見ていないかなど、普段姿勢や習慣も見直す必要があります。

めまいや耳鳴りの薬物治療では、末梢神経の代謝を促す作用があビタミンB12(メチコバール)が処方されることが多いようです。

自律神経失調症のめまい・耳鳴りの対策

  • 十分な睡眠
  • 肩や首まわりのマッサージ、ストレッチ
  • 肩や首まわりを温める
  • バランスのよい食生活
  • 姿勢の改善
  • ビタミンB12(メチコバール)の服用