自律神経失調症の改善 大百科

自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症を病院で治す » 何科に行けばいいの?

何科に行けばいいの?

様々な症状があらわれる自律神経失調症、何科を受診したらよいのか悩んでいる方は、まずは最も辛い症状にあった病院に行くことをおすすめします。

まずは症状に応じて専門の科を受診

症状で、耳鳴りが酷い場合は耳鼻科、肩こりや腰痛は整形外科、眼精疲労であれば眼科など。

身体のだるさや、疲れやすさ、動悸、頭痛、その他原因不明の不快な症状は内科をおすすめします。というのは、自律神経失調症に似た症状があらわれる別の病気の可能性があるからです。

たとえば、貧血や糖尿病、癌などの内臓の疾患の場合も、身体のだるさや動悸などの症状があります。いきなり心療内科や精神科を受診すると、このような深刻な病気を見逃してしまう可能性があります。この段階での治療は、自律神経に働きかけるというより対処療法が中心となりますが、軽度の場合はここで完治することもあります。

改善しない場合は心療内科・精神科へ

内科で血液検査やレントゲンなどの検査を受けて原因が見当たらない場合、眼科や耳鼻科などでしばらく治療を続けても改善しない場合は、心療内科、精神科を受診して精神疾患があるか判断してもらいます。

その際は、これまでの治療の経緯と自律神経失調症の可能性があることを医師に必ず伝えましょう。自律神経失調症と診断された場合、精神症状が重いときは心理療法も必要になります。可能ならばカウンセリングを併設している医院を選びましょう。

もう試してみましたか?自律神経を整える成分≫

自律神経失調症の病院の選び方

1. まずは症状に応じた専門の科を受診

  • ドライアイ、眼精疲労は眼科
  • 腰痛、肩こりは整形外科
  • 耳鳴り、耳管狭窄は耳鼻科
  • 頭痛、動悸、身体のだるさ、疲れやすさなどは内科
  • そのほか軽度の不快な症状は内科

2.治療を続けても改善しない場合、原因不明の場合

  • 心療内科、精神科