自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症を病院で治す » 治療期間と治療費の目安

治療期間と治療費の目安

自律神経失調症の治療期間はどのくらいとはっきり言えない複雑な病気です。生活改善も含めて様々な治療を行っていくため、治療の効果には個人差が大きいのです。

治療は数か月~数年の長期戦で

治療開始後1か月でなんらかの症状の改善がみられることが多くありますが、この時点でやめると悪化することがあります。医師の指導に従って根気よく治療を続けることが大事です。

症状は軽減や悪化を繰り返し、早い方で完治まで数か月、長い方は5年以上かかることもあります。いつまでもよくならない時はとても不安になりますが、あきらめてはいけません。

医師と治療計画をしっかり立てて、食事や運動にも気を付けて長期戦でじっくり臨みましょう。

治療費の目安

自律神経失調症の治療は健康保険が適用されます。薬物療法だけでなく、カウンセリング、自律訓練法などの心理療法、そしてマッサージなどの理学療法にも医師が治療に必要とみなすと全て保険の対象となります。

ただし、この病気は治療や検査のためにいくつもの病院に行き、色々なところでマッサージや針灸などをする人も少なくありません。そのため、交通費や初診料など、医療費はかさみがちです。なるべく早くかかりつけ医を見つけることが治療費の節約にもつながります。

自律神経失調症の治療費の目安

  • 心療内科・精神科
    2,000~4,000円(1回につき)
  • カウンセリング
    5,000~10,000円(1回につき)
  • 漢方
    5,000~10,000円(1ヶ月分の処方)
  • 鍼灸治療
    2,000~5,000円(1回につき)

漢方は保険対象の病院で処方してもらうと価格を安く抑えられます。また、成分が変わらないジェネリック医薬品にすることで、2~8割薬代を安くすることもできます。

その他、自立支援医療費制度(重度かつ継続的な精神疾患などで治療費を公費負担で受けられる制度)なども活用して、医療費を抑える工夫をしてみましょう。

自立支援医療費制度の詳細については、住んでいる自治体によって異なるので、近くの保健センターや市役所などへ問い合わせてみてください。