自律神経失調症の改善 大百科
自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

HOME » 自律神経失調症とは » 自律神経失調の原因

自律神経失調の原因

自律神経失調症の原因は、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスの乱れです。

自律神経とは、体温を調節したり免疫力を高めたりなど、自動的に“自律”して働く神経のことです。

自律神経には、活動する神経といわれる「交感神経」と、休む神経といわれる「副交感神経」の2つがあり、体の状態や環境に合わせて自動的に切りかわって働きます。
では、なぜこのバランスが崩れるのでしょう?

その原因は、ストレスや生活習慣など様々だと言われています。
つまり、人によって原因が異なり、症状も千差万別ということです。これが自律神経失調症が診断・治療しづらいといわれる所以でもあります。しかし主な原因を知っておくことで、自律神経失調症の予防や症状の改善を目指すことはできます。

自律神経失調の主要因はストレス

自律神経失調症の原因として最も多いのがストレスだといわれています。

ストレスを引き起こす要因は、人それぞれです。家庭や仕事の環境、加齢、季節の変化、災害、騒音など、五感を刺激するものすべてが原因となりえます。

日常的に過剰なストレスがかかると、活動する神経である「交感神経」が休みなく働き続けている状態になります。そのため、自律神経のバランスが崩壊してしまい、自律神経失調症を引き起こしやすくなるのです。

ホルモンの変化、生活習慣、環境なども原因に

自律神経を制御しているのは大脳にある視床下部にはホルモンを分泌している部分があるため、ホルモンバランスの崩れが自律神経失調症を引き起こすことがあります。特に、生涯を通じてホルモンの変化が激しい女性は、出産前後や更年期に自律神経失調症とみられる症状がよくみられます。

また、夜更かしや徹夜なども自律神経の働きに悪影響を与えます。人間の体は、昼間は交感神経が優位に働き、夜は体を休めるために副交感神経が優位に働くようになっています。しかし、昼夜のリズムが狂うと、副交感神経と交感神経のスイッチの切り替えが難しくなるのです。

本来人間は、夕暮れになったら体を休めて、夜明けともに活動していました。24時間店が営業し、夜中もインターネットで世界と繋がることができる現代は、自律神経のバランスを崩しやすい環境であるといえますね。

その他、もともと冷え症でやせ気味の人、疲れやすい、不眠気味の人は交感神経が緊張しやすく、自律神経失調症になりやすい体質だといえます。自分の体質やストレスや生活習慣等を知った上で、自律神経とうまく付き合っていきたいですね。