自律神経失調症の改善 大百科

自律神経失調症の改善 大百科

薬から生活習慣まで自律神経失調症の克服方法

疲れがとれないー やる気がでないー そんな自律神経失調症の症状を緩和させる方法を探しましょう。

自律神経失調症さよならガイド

「眠れない」「イライラする」「めまいがする」など様々な症状に悩まされる自律神経失調症、このサイトではそれぞれの症状や状態に応じた治療・対策すべて公開します。

まずは自律神経のメカニズムを知る

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。

不規則な生活やストレスなどにより2つの自律神経のバランスが崩れてしまうことが原因で、心身に様々な症状が出る状態を自律神経失調症といいます。
症状の出方は人によって異なるので診断が難しい病気だといわれています。

いくつも病院に行っても原因不明とされることが多く、これといった治療法が見つからず悩む人も少なくありません。

病院をまわっても、整体や鍼灸に通っても効果が見られないという方は、まず、このサイトで自律神経失調症という病気をしっかり把握して、ご自身に最適な改善方法を見つけましょう。

自律神経失調症の原因・症状はさまざま

自律神経失調症は、不規則な生活や人間関係の悩み、ストレスを溜めこみやすい性格など、色々な原因が複雑に絡み合って発症するといえます。

中でも、人間関係など大きなストレスが原因となることが多いようです。

また、真面目で完璧主義、責任感が強いといったタイプの人は普段から自律神経が過敏になっているため、発症のリスクが高いといわれています。

 

主な原因

  • 慢性的なストレス
    (仕事や子育ての悩み、離婚や引っ越しなどによる環境の変化)
  • 生活の乱れ
    (夜更かし、夜までの仕事など)
  • 体質
    (ストレスに弱い体質、遺伝的に自律神経が過敏な人も)
  • ホルモンバランスの乱れ
    (更年期、妊娠、出産など)
  • 性格
    (神経質、依存心が強いなどストレスに弱い性格)

主な症状

原因が一人ひとり違うように、あらわれる症状も人によって違います。
一つの症状しか出ない人がいる一方、耳鳴りや眼精疲労、不眠、しびれなど色々な症状が出たり消えたりする人がいるのがこの病気の特徴です。

以下のような症状が自律神経失調症の代表的な例です。

  • 頭痛
  • 眼精疲労、耳鳴り
  • 口の渇き、のどの異物感
  • 動悸、息切れ
  • めまい
  • 手足のしびれ
  • 肩や首のコリ
  • 不眠
  • 集中力がなくなる
  • 倦怠感
  • イライラする
  • 抑うつ感

食事・睡眠などで免疫力UPも改善のカギ

自律神経失調症の治療は、薬で辛い症状を軽減させることも大事ですが、原因となるストレスや生活習慣などを改善させないと再発を繰り返してしまいます。薬物療法とあわせてカウンセリングなどの心理療法、睡眠サイクルの見直し、有酸素運動なども取り入れていきましょう。

また、食生活はストレスに強い身体をつくるためにとても重要です。
規則正しい食事に加えて、ビタミンB群やカルシウム、鉄分など有効成分を積極的にとるよう心がけましょう。

自律神経を整える栄養成分一覧